2013年8月アーカイブ

京都のm性感とそれに寄せる好意

近畿圏でも特に雅な印象がある古都は、ある程度の知識を持っていくと、なおさら味がある様子が感じ取れます。


現在人気がある京都のm性感も、若い人たちの間でブームになっているらしく、独特の雰囲気が受けているようです。


それは、デリヘル形式でホテルで自由にプレイできることもあり、SMと性感マッサージの要素が入っているので、確実に気持ちよくなれることも関係しています。


おしっこも我慢すればするだけ開放感により快感が大きくなると聞きます。


性風俗も同じことがいえて、京都のm性感のようにお客を言葉攻めや陰部への軽い刺激などでじらせておくことにより、興奮度を最高に高め、最後に一気に刺激を与えることで、絶頂感をマックスにすることが可能です。


風俗嬢はこうしたテクニックを経験から知っており、ある意味で本能的に理解しています。


彼女たちが日常的に行っていることに好意を寄せる人は多く、その技術力に関して賞賛の念を持っている男性はたくさんいるのです。

サービスの内容によって風俗店の本質は大きく変わります。


特に今はソープやファッションヘルスなど、何を売りにしているかがすぐにわかるお店が増えているので、今日はどういうプレイをしようかと考える余裕があるのです。


環境的に見ると、顔面騎乗や潮吹きがメインのサービスはSMと性感マッサージがミックスされている部分があって、女性上位が最後まで崩れません。


風俗嬢はあくまで男性をじらして、じらして我慢させるのが仕事です。


屈辱的な格好をしたり、顔面騎乗や潮吹きなどを体験できるのは、ある意味男性として新しい性癖に目覚めるのに十分な経験でしょう。


こうしたサービスを受けると、アナルの快楽に目覚めたり、人間の本質が変わる場合すらあります。


風俗は人間を新たな方向に進化させてくれる可能性を有しています。


それらは本当に大きな影響力があるので、ほどほどに楽しむのがベストです。


アナルの快感は特に一度知ると病み付きになるので、注意が必要でしょう。

調べれば調べるほど、興味がわいてくるのが人間の体です。


射精とおしっこしか出ないと思っていたペニスから、何か別の液体が出るとわかっただけで、かなり風俗業界が騒ぎ出しました。


男の潮吹きの方法はまだ完全には解明されていませんが、普通のオナニーでないことは確かです。


特に我慢に我慢を重ねた結果として出てくることが、厳密に分析した結果明らかになったのは、大きな進展でした。


風俗店のサイトなどではけっこう頻繁に男の潮吹きの方法に関しての記事が掲載されています。


今はブログなどにこうしたやり方がアップされており、みんながオナニーによって快感を得られるようになるとも宣伝されているでしょう。


お店での風俗サービスの中にもこうした特殊な達し方が紹介され、それを利用した人が噂を広めます。


達し方は普通のオナニーやセックスとは異なりますが、ペニスを的確に刺激していくことに関しては同じなので、きちんとした形で刺激し続け、イクのを我慢するのがコツです。

京都裏風俗って何?

風俗関係に詳しい人の話やインターネットで「京都裏風俗」と検索すると、五条楽園という名称が挙がってきます。


ここは京都の五条の一角にあるお茶屋・置き屋街です。


舞子さんや芸妓さんのお茶屋や置屋というと、祇園や宮川町などの花街を思い出す方が多いと思います。


この点、同じお茶屋街でも五条楽園が「京都裏風俗」と呼ばれていたのは、本来はNGである性的なサービスが行われていたためです。


舞子さんや芸妓さんはお客様の酒席で踊りや歌、三味線などの芸や、お客さんを楽しませる余興、お酒や食事の相手をするのが仕事です。


性的サービスはできないのはもちろん、古くから続くしきたりがあり、お客様との恋愛も基本的にNGなんです。


五条楽園では表向きは花街でしたが、裏では風俗店であったという実態があり、裏風俗と呼ばれていたのです。


今でもその一角は残されているのですが、2010年の秋に風営法に基づく取り締まりや一斉摘発が行われ、多くのお店が廃業や取り壊しとなってしまいました。


もっとも、そのお茶屋街の風情は今も残っています。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.292