M男と呼ばれてはや三年

Mの快感に目覚めてはや三年となりました。
もともと「ドS」というほど、責め好きだった私がすっかり立場が逆転してしまいました。
プライベートでは仕方なく責めますが、風俗では完全にM男と化しています。
なぜこんなに変わってしまったのか?答えは単純です。
Mに徹した方が自分自身が気持ちよいからです。
皆さんは女性を愛撫している時、うらやましく思ったことはありませんか?何度も絶頂に達する女性に対し、男は射精の1回のみ。
若くてもせいぜい2~3回も射精すれば限界に達してしまいます。
でもM男に徹すれば実は男性も潮吹きやドライオーガズムの境地に到達できるのです。
潮吹き、ドライオーガズムをM性感で味わったのがM性癖の目覚めでした。
特にドライオーガズムは一度経験すると何度も達することができるようになります。
ただしこれには女性のテクニックが必要です。
一般の女性ではなかなか難しいでしょう。
M性感の女性達は男性を喜ばせるテクニックを持っています。
M性感にはまって以来、普通の風俗には行かなくなりました。
お金を払ってたった1~2回の射精をする行為に楽しみを感じなくなってしまったからです。
男だって何度もエクスタシーに達したいと思いませんか?あなたの知らない世界がそこには待っています。
一度お試しあれ。

このブログ記事について

このページは、cniが2013年9月27日 09:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「乳首責めにも幾つか種類があるもの」です。

次のブログ記事は「M性感未体験の方に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.292