M男にとって女王様に苛められるのは喜びです

僕の性癖はM男です。 僕の喜びといえば女王様にとことん蔑まれ苛められることです。 例えば、年下の女王様からキモブサデブなんて呼ばれるとゾクゾクします。 会社では部長をして、周りに偉そうにしているのに女王様の前ではただのM男なのです。


性感店から派遣されてくる女王様ですから、こちらからは一切触ることができません。 ただひたすら女王様の責めに耐え続けるのみです。 先日も逝きそうで逝かせてもらえない亀頭責めを受けました。 射精寸前でペニスがぴくぴくすると女王様は刺激を止めてしまうのです。 それでも我慢できずに漏らしそうになると女王様はペニスの根元を力づくで押さえて出させてもらえませんでした。


あまりの責めに射精させてくださいと懇願し、最後にようやく出させてもらいましたが、これはまだ序の口です。 いったん出してしまうと今度は今までとは逆に女王様は何度も何度も出させようとするのです。 最後の一滴も出ないくらい射精させられ、煙も出ないような状態でもまだしごき続けられた末に、何と潮を吹いてしまいました。

このブログ記事について

このページは、cniが2014年12月21日 12:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「M男に朗報!ドライオーガズムで至高の快感」です。

次のブログ記事は「池袋にある老舗の風俗店でドライオーガズムを体験しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.292